作品を作成するならキルト糸の種類を確認しよう

作品に応じてキルト糸を選ぶことがポイント!

作品を作成するならキルト糸の種類を確認しよう

針と糸

質の高さを求めるなら「絹」

手縫いの作品をもっと楽しく、質の高いものにするには「糸」の知識を深める事が大切です。一口に「糸」と言っても、実に豊富な種類が存在しているものです。その一つ一つには特徴があり、最適な使用用途があります。例えば作品の質感を楽しむためには、キルト糸の素材に注目してみると良いでしょう。例えば絹でできた糸は、質の高い作品を作る時には非常にお勧めです。作品に高級感や柔らかなイメージを持たせたい時にはこちらを活用すると良いですよ。業者を利用するときにもとても役立つ知識となります。

布と糸の素材を同じにする

キルト糸としてよくあるのが「綿」で作られたものです。綿花を紡ぐ事で一本の糸にすると、綿糸が完成します。綿でできたキルト糸は、マットな質感を楽しみたい時に最適でしょう。ホワホワとしたさわり心地になる事も特徴的です。綿糸は同じく、コットンでできている布を縫う時にお勧めできる糸だと言えます。そのため布の素材に応じて相性の良い糸の素材を検討すると、作品のクオリティーを向上させることができますよ。

総合的に優れている合成繊維

強度の高さを求めるのであれば、「合成繊維」で作られた糸を選ぶと良いでしょう。合成繊維は研究が進められているため、どんどんその質が向上しています。そのため、総合的に見ても優れたキルト糸だと言えますよ。特にポリエステルでできた糸は手縫いの糸としては非常に優れています。合成繊維はその製法によって様々な特徴を持たせることができますから、ご自身の作品にピッタリな合成繊維のキルト糸を選び出すと良いでしょう。

キルト糸に関する基本的な質問にお答えします

そもそもキルトとは何ですか?

キルトとは表側に来る布、裏側に来る布、そしてその間の綿を挟み、3枚を一緒にして縫った作品のことを指しています。その中でも柄の異なる複数の布を組み合わせて作成する作品を、「パッチワーク」と呼びます。その際に使用される糸が「キルト糸」や「パッチワーク糸」となるのです。作品や用途に最適な糸を用いることで、仕上がりをグッと良くできますよ。

キルト糸とはどんな糸ですか?

3枚の布を縫い合わせるために、非常に丈夫な作りになっている特徴があります。糸の強度を高めるために、表面に特別な加工が施されているのです。そのため劣化しにくく、作品の見た目も高めてくれるメリットがありますよ。キルト糸の色を使い分ける事で、布に模様を施す事もできます。その楽しみ方は多様ですから、作品作りの幅を広げるにも「キルト糸」を活用する事がお勧めです。

ハッチワーク糸とはどんな糸ですか?

パッチワーク糸は強度と細さという特徴を併せ持った糸になります。繊細な表現を可能にさせつつも、劣化しにくい作品を作る事ができます。パッチワーク糸を利用するポイントとしては、布の色と近いパッチワーク糸を用意するという事です。布と糸の色を一致させる事で、作品の完成度を引き上げられますよ。またアップリケを縫い付ける時にも最適となります。

刺繍を業者に依頼する時の流れ

まずは連絡しましょう

キルト糸を用いると、刺繍を施す事が可能となります。しかし刺繍は一般の方では難易度が高い事もあり、多くの作品を作るには手間がかかってしまう事もあるでしょう。そのような時には刺繍を扱っている業者を活用する事をお勧めします!初めて刺繍を依頼するという場合には、その流れを確認しておくようにしましょう。まずは業者に連絡をしてください。連絡する事でどのような刺繍を扱っているのかや、目安となる納期を確認できるでしょう。すでに刺繍のイメージやデザインが決まっているという場合には、メールなどでイメージ画像を送付するとスムーズです。

見積書を確認

問い合わせの内容から、刺繍を受けつけている業者は見積書を作成します。そのため、見積もりに必要となる生地の種類や点数、デザインなどの必要な情報はあらかじめ伝えておく必要があるでしょう。見積書はメールやFAXで受け取る事ができますから、その内容を確認すると同時に大切に保管するようにしてください。見積書でわからない点があった場合には、すぐに問い合わせを行なっておく事も重要です。

依頼しましょう

見積書の内容を十分に確認し、承諾する事ができましたら正式な依頼を行なうようにしてください。その際には、まずは支払いを求められる事が多いでしょう。スムーズな依頼を行なうには、あらかじめ支払い方法を確認しておく事も必要ですよ。料金の支払い、そして業者がそれを確認する事ができた時点で、刺繍の制作が行なわれるでしょう。制作が行なわれる前に、今一度注文の内容をチェックしておく事をお勧めです。そうする事でトラブルを回避できるのです。

商品が制作される

制作の依頼をした後は、完成するまでしばらく待つ必要があります。注文内容によって制作期間が異なってきますから、お急ぎの方は特に制作期間を問い合わせしておく必要があります。刺繍された商品が出来上がりましたら、発送の準備が行なわれます。その時点で発送の連絡が来るでしょう。その際におおよその配達日を確かめる事ができます。

届いた商品を確認する

商品が届いたら、まずは注文内容と完成した商品が一致しているのかをチェックするようにしてください。もしも内容に不備があった際には、すぐに連絡してください。トラブルを未然に防ぐためにも不備があった際の対応や、注文内容の確認を怠らない事が重要なポイントとなりますよ。一つ一つの流れを押さえておく事で、スムーズかつ満足できる商品を手に入れられるでしょう。もし何か不明な点があれば、業者に質問する事も大切です。

広告募集中